• TOP >
  • 障害福祉のしごととは?

障害福祉のしごととは?

障害福祉の仕事の目的

障害福祉は、身体や知的、精神などに障害のある人も地域の一員としてともに生きる社会づくりを目指しています。障害者の在宅生活を支援する居宅介護(ホームヘルプ)や障害のある人の外出を支援する行動援護や同行援護、また医療的ケアを必要とする人の入院生活を支える療養介護、施設に入所する障害者に対して日常生活の支援をする施設入所支援など、さまざまな福祉サービスがあります。
また地域で自立した生活を希望する障害者に対しては、リハビリとトレーニングで身体機能の向上を目指す自立訓練や生活訓練などのサービスもあります。就労を希望する障害者には、就労移行支援という、就労のために必要な知識を身につけ就労を目指す事業や、就労に必要な経験や知識を得る就業継続支援事業(B 型)などもあります。
このように障害福祉の仕事は、専門的な知識と技術をもとに、障害のある方個々のニーズに応じたサポートを行って、誰でも安心して笑顔で暮らせる社会をつくるために必要な仕事です。

障害福祉の仕事

障害児者をサポートするためにはさまざまな仕事があります。
食事や入浴のお手伝いをする介護の仕事や悩みをきいて相談に乗り調整をする仕事など、大きく分けて9つの仕事があります。

介護(ケアワーク)の仕事
: 自立した日常生活を送れるようにサポートする
保育の仕事
: 保護者とともに障害のある子どもの発達・成長をサポートする
相談・援助・調整の仕事
: 問題を抱えている人の悩みを聞いて解決に向けたアドバイスをし、計画・実行をサポートする
看護・保健・医療の仕事
: 日常の健康管理や衛生管理、こころや体の悩みの相談にのり、回復をサポートする
リハビリテーションの仕事
: 心身の機能回復・維持、社会復帰をサポートする
栄養・調理の仕事
: 食事を通じて健康で元気な生活をサポートする
運営・管理の仕事
: 施設をまとめて運営・管理する
行政の相談所の職員
: 地域の相談窓口として人々の暮らしをサポートする
市区町村社会福祉協議会の職員
: 地域の人々が住み慣れたまちで安心して暮らせるようにサポートする

仕事の種類と内容

介護(ケアワーク)の仕事

資格
: 介護福祉士、訪問介護員など
職場
: 在宅生活の支援(居宅介護)、外出の支援(行動援護、同行援護)、住まいの場の支援(施設入所支援、共同生活援助(グループホーム)など
内容
: 障害者や高齢者の食事介助・入浴・排泄・着替え・家事援助や移動の支援など、日常生活の自立をサポートします。

保育の仕事

資格
: 保育士、児童指導員
職場
: 児童福祉施設など
内容
: 障害のある子どもたちが基本的な生活スキルを身につけるためのお手伝いが主な仕事です。

相談・援助・調整の仕事

資格
: 社会福祉主事、社会福祉士、精神保健福祉士など
職場
: 行政、児童相談所や福祉施設、病院および保健所など
内容
: 対象者の相談に応じ、必要な調整などを行う相談窓口です。

看護・保健・医療の仕事

資格
: 看護師、保健師
職場
: 病院など
内容
: 疾病時の看護や健康管理、衛生管理などを行い、健康管理のアドバイスもする仕事です。

リハビリテーションの仕事

資格
: 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など
内容
: 身体機能に障害が生じた人の機能回復、日常の動作や言葉や聞こえの機能の向上や低下の予防などをします。

栄養・調理の仕事

資格
: 栄養士、管理栄養士、調理師
内容
: 栄養管理や食事の提供など食を専門にした仕事です。

運営・管理の仕事

資格
: 施設長には各施設の種類別に任用基準があります。
職場
: 社会福祉施設
内容
: 社会福祉施設を運営するために必要な財務管理や従業員のマネジメント、対外交渉などの仕事があります。施設長等の管理職や事務職など職種はさまざまです。

行政の相談所の職員

職場
: 福祉事務所、児童相談所、更生相談所など
内容
: 本人や家族からの相談に乗り、必要なサービスの調整や施設・仕事の紹介等のサポートを行います。

市区町村社会福祉協議会の職員

資格
: 社会福祉主事、社会福祉士、介護福祉士など
内容
: 地域の福祉を推進するための多様な事業活動を行う組織の職員です。問題解決に向けた企画立案や支援を行うなど、職務内容は多岐にわたり、福祉活動専門員、ボランティアコーディネーター、地域福祉活動コーディネーター等として活躍します。